ダイエットWEB >脂肪吸引の基礎知識

脂肪吸引の基礎知識

脂肪吸引施術時の麻酔について 

脂肪吸引の施術には、麻酔が必要です。 麻酔の方法には以下のような種類があります。施術の内容や個人の体質に合わせて麻酔方法が選択されます。

硬膜外麻酔
人体と硬膜の間にある硬膜外腔という場所に、背中からカテーテル(細い管)を入れて、このカテーテルから持続的に麻酔薬を入れます。無痛分娩などにも用いられる安全性の高い麻酔法で、意識はそのままで痛みだけを取り除くことができます。手術後少し休んでから、身体に異常が無いことを確認できれば、そのまま帰宅できます。

静脈麻酔
施術範囲が狭い場合に使用される麻酔法です。静脈に点滴で麻酔薬を流します。
麻酔薬の量により、起きていることも眠ることもできます。

全身麻酔
通常は、まず静脈麻酔を行ない、眠っている間に細い管を喉の奥に通して麻酔ガスを流します。全身麻酔は、他の麻酔方法に比べると身体にかかる負担が大きいので、術後は充分に休養をとる必要があります。

局所麻酔
局部麻酔ともいわれ、末梢神経に麻酔薬を注入し痛みを感じなくする方法です。意識ははっきりしています。手術の範囲が狭い場合にとても有効的な方法です。
   

脂肪吸引のリスクとは?
脂肪吸引を行うと、確実に痩せられ、目に見えた効果が期待できます。その代わりに、身体への負担もそれなりに大きくなってしまうことがリスクとして挙げられます。身体への負担を考えると、一度に広範囲(お腹と太ももを同時に行うなど)の吸引はできません。
吸引する際に、毛細血管を傷つけることになりますから、どうしても腫れてしまいます。

腫れの度合いは、医者の経験や技術にも左右され、回復するまでにある程度の期間が必要になってきます。また、脂肪吸引した跡が、凸凹になってしまう可能性もあります。これは施術する人の技術が未熟だった場合に起こってしまうようです。施術の際に、均一に吸引できていれば、凸凹になることはありません。施術するお医者さんの腕にかかってくるわけですね。

脂肪吸引の効果はドクターの腕次第?
「脂肪吸引の歴史について」のところでもご紹介しましたように、ここの最近の脂肪吸引の進歩には目覚しいものがあるようです。吸引管にも様々な工夫が施され、吸引口に対する保護や、超音波脂肪吸引器も開発されました。医師の技術も向上し、医療機器等も進歩し、脂肪吸引は安全で確実な手術として、広く行われるようになってきました。 

その一方で、脂肪吸引に対する知識不足で、技術も未熟であるにもかかわらず、「脂肪吸引の専門医」と称して、宣伝だけは大々的に行っているクリニックも存在するようです。

脂肪吸引時の失敗の多くが、施術する医師の技術不足からによるものです。脂肪が取れないだけではなく、人体に危険を及ぼす危険性もあります。 このような未熟な医師を見分けるためにも、脂肪吸引に対する知識が必要になってきます。

脂肪吸引の歴史について
脂肪吸引は、1980年頃、フランスの医師イルーズ氏によって行われたカニューラ吸引法と呼ばれる方法が始まりだと言われています。当時は、どの程度吸引すれば効果が出るのか、よくわからない分からないまま吸引しすぎてしまったり、吸引量が足らなかったりして、うまくいかないことが多かったようです。 

手術中の出血も多く、場合によっては輸血なども必要になってくるほど、大掛かりなものでした。しかし、現在は「医療技術や医療器具の進歩」により、高い安全性と共に目覚しい効果が期待できるようになりました。吸引の目的も、単なる大量の脂肪の除去ではなく、吸引によって、いかにして美しいボディーライン・フェイスラインを作り上げるか、というレベルを目指すようになってきました。

それはちょうど芸術家が彫刻を作り上げるように、脂肪吸引によって、美しいボディーラインやフェイスラインを彫刻する、という意味で、欧米では脂肪吸引のことを、別名、脂肪彫刻(lipo-sculpture)と呼ばれているほどなのです。

脂肪吸引の効果とは
脂肪吸引は、外科的手術で、直接脂肪を取り除くことができますので、短期間で確実に、目に見えた効果が期待できます。 吸引可能な量は、体の部位、その人の肥満度や筋肉質などにより決まります。

脂肪吸引の優れているところは、痩せたい所が痩せられるということです。 ダイエットではそういうわけにはいきませんよね。太ももの脂肪を減らしたいのに、胸ばっかりやせてしまったり、おなか周りを減らしたいのに、顔ばっかりゲッソリやせてしまったり、などなど。なかなか思うように痩せられません。しかし脂肪吸引の場合は、脂肪を減らしたいところをダイレクトに狙って、あっというまに減らすことができます。

しかも、一度脂肪吸引をすれば、そこの脂肪細胞は二度と増えないので、リバウンドすることも、ほとんどありません。(食べ過ぎた場合は、残った脂肪細胞が膨れ上がってしまうことはあります)個人差もありますが、一般的に
臀部・太もも→大腿→腹部→上腕→ふくらはぎ・足首の順に脂肪効果が期待できるようです。

脂肪吸引とは?
脂肪吸引は、外科的な手術により、脂肪細胞そのものを除去する方法です。カニューレと呼ばれる、金属性のストローのような細い吸引管を使って、脂肪細胞を吸引していきます。 この際に除去できる脂肪は、皮下脂肪のみです。内臓脂肪は取り除くことはできません。

現在では、技術向上により、頬、顎、上腕部(二の腕)、腰回り、腹部、お尻、太もも、ふくらはぎ、足首などあらゆる部分での施術が可能となっています。

吸引した脂肪を、胸などに再注入することもできる「脂肪注入法」もあるみたいです!!
しかし脂肪自体はとても軽いものなので、脂肪を吸引しても体重はあまり減りません。
部分的なシルエットを改善するのに適した方法といえるでしょう。



inserted by FC2 system